屋久島 エコツアー ガイド YNAC 知識が豊富で楽しさ満載。静かな縄文杉、屋久杉ツアーならお任せ、カヤック、ダイビング、沢登り、MTB

ツアー満足率96%:女性に人気の大人のツアー
屋久島を知り尽くす 旅ガイドのサイト
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
  • HOME
  • 屋久島を体験したいあなたへ
  • ツアーの紹介
  • お客様インタビュー
  • お役立ちアドバイス
  • お問い合わせ
  • 地図・行き方

屋久杉を見に行こう

憧れの屋久杉へ

屋久島を訪れる旅行者のほとんどは、
屋久杉を見ることを目的の一つとしています。

この「屋久杉」という言葉からあなたが連想するのは
「縄文杉」という1本の巨木でしょうか
あるいは、屋久杉の大木が林立する威厳に満ちた
「屋久杉の森」でしょうか。

ここでは「屋久杉を見に行く」ことを目標とした

  1. 比較的易しいコースながら屋久杉を
    身近に見られる
    「ヤクスギランド~小花山の森」
    トレッキング
  2. 【リピーター様限定】
    片道10km以上の険しい道のりに挑戦する
    「諦めきれない縄文杉へ」の登山
    きつい登山道を歩ききる体力のある弊社ツアーリーピーター様

の大きく分けて2つのコースをご紹介いたします。

屋久島でいちばん、いい森があります

まず1. の「ヤクスギランド~小花山の森」コースでは屋久島を代表する屋久杉の原生林(荒川原生林)をご案内します。

ヤクスギランドは、その名のとおり屋久杉を見に行くのに最も適した天然林です。
名前はまるでアミューズメントパークのようですが美しく苔むした林床と屋久杉の圧倒的な迫力は、屋久杉鑑賞林として「これぞ屋久島!」という景観を見せてくれる場所です。

天柱杉、ひげ長老、母子杉、仏陀杉といった名のある屋久杉はもちろん、広いヤクスギランドの中でも「一番いい森」である小花山の森は杉の純林が妖しいまでに美しく、まさに「もののけ」が棲んでいそうな雰囲気の森です。 映画「もののけ姫」の中で、最初にアシタカとサンが川を挟んで出会う…あのシーンの背景となったのも、このヤクスギランドの荒川の景観です。

また「秘密の切り株」を覗くと、ウィルソン株のようなハートマークを見つけることができます。

YNACヤクスギランドツアー3つのポイント

  1. 1.屋久島で「いちばんいい森」そして「いちばん静かな森」を歩きます

    単にヤクスギランドの中を回るだけではなく、太古の森の雰囲気が残る「小花山の森」を中心に屋久杉の森をじっくり楽しみます。屋久杉の森がどこまでも続く、圧倒的な森を体験してください。

    そして、ヤクスギランドはハイシーズンでも空いています。混雑を避け、静寂に包まれた巨木の森を楽しむには、ヤクスギランドがいちばんおすすめです。ひっそり静まり返った小花山の森で、思う存分自然に溶け込むことができます。さらに、誰もいない川原でのびのびとランチを楽しみ、「もののけ姫」のロケハンに使われたポイントも独り占めできます!

  2. 2.自然解説で屋久杉の神秘に迫る。

    弊社の強みは面白くてわかりやすい自然解説です。
    20年以上のキャリアに基づいた自然解説で、ガイドブックでは味わうことのできない歴史文化を含めた屋久杉の森の神秘を深く探っていきます。自然を深く知ることにより、さらに自然が面白くなってゆきます。そして屋久島旅行が特別な思い出となるでしょう。

  3. 3.1日かけてゆっくりと回ります。

    心も身体も無理なく屋久杉の森を満喫していただけます。
    歩く距離は縄文杉最短ルート(約22km)の約5分の1ですが屋久杉の大木を触ることもできます。急ぎ足なら3時間で回ることができるヤクスギランドですが、焦らずじっくり回ることで楽しみも倍増します。
    お客様満足度の高いツアーです。

YNACのツアーは「屋久杉の森」の神秘を一つ一つひもとき、すべての生き物が様々な関わりの中で森という宇宙を創っている様子をお伝えするインタープリテーション(自然解説)です。
そこには、何一つとして欠くことができない「あるべきものしかない森」があります。

よくある質問 Q&A

登山経験がありません。大丈夫ですか?

ヤクスギランドは山の頂上を目指すのではなく、比較的標高差の少ない森歩きです。
本格的な登山をしたことがない方でもお楽しみいただけます。

*ただ激しい登山ではありませんが未舗装路の山歩きですので靴をはじめとした最低限の登山装備は必要です。
*日常的にスポーツをされている方は体力的に問題ありませんが、スポーツをしていない方は屋久島へいらっしゃる前に近場の低山等でハイキングをして足慣らしをしていただくと安心です。
お風呂上がりのスクワットなど筋力トレーニングも効果があります。体力相談も弊社にお任せください。

「ヤクスギランド~小花山の森」コースは、屋久島が好きで住んでいる私たちYNACのガイドが、まず初めにおすすめしたい美しい苔と屋久杉の森です。
何度でも行きたくなる素晴らしい森です。

ヤクスギランドに参加したお客さまの声
ブログでもヤクスギランドツアーレビュー、ツアーリポートを随時更新予定です。

ツアーのスケジュール

朝8時から8時半ごろ、宿にお迎え
ヤクスギランド入口10時頃スタート~千年杉~荒川の川岸でランチ(雨天時は東屋)~屋久杉・ひげ長老~最大の見どころ小花山の森一帯を散策~天柱杉~母子杉~孫杉~仏陀杉~くぐり杉~夕方4時から5時頃出口へ。40分ほどで安房の町へ車で降ります。

通年お楽しみいただけるコースです。

【リピーター様限定】あきらめきれない縄文杉へ
夢を叶える本格登山

YNACでは、どうしても縄文杉を見てみたいという情熱と、きつい登山道を歩ききる体力のある弊社ツアーリピーター様のリクエストにお応えいたします!

数多くの屋久杉、その中でひときわ有名な「縄文杉」

「どうやら日本一の屋久杉らしい」
「どんなものか、一度は見てみたい」
「屋久島に行くなら、せっかくだから縄文杉に行きたい」
「でも縄文杉は20kmも歩いて10時間以上かかると聞いたけど」

よく、そんな声を耳にします。

1泊2日で縄文杉を目指します。プレミアムな縄文杉ツアー

まずは 縄文杉日帰りツアーについて

縄文杉日帰りツアーは最短でも往復22km、標高差700mの道のりを平均で10時間かけて行動します。朝は3時起き、4時には行動開始して5時に登山バスに乗り、宿に帰ってくるのは夕方6時です。

よほど体力のある方は7時間程度で行って帰ってきますが、全行程早歩き、休憩5分、昼食10分、といった具合ですので、ゆっくり自然に触れるというより、さながらレース競技のようです。 また大勢の人がお昼頃に縄文杉に集中するので、ハイシーズンには大変な混雑となります。 縄文杉デッキの上では混雑のために交通整理が行われ、「写真を撮った方はこちらへ進んでください!」とさながら集団の健康診断のようです。写真を撮るだけで滞在時間5分、という人も珍しくはありません。

せっかく頑張って登って来たのにこれでは、残念だと思いませんか?
そこで屋久杉や自然をじっくり楽しみたい!という方のため、弊社ツアーリピーター様限定宿泊縄文杉ツアーをご紹介いたします。

縄文杉ツアー1泊2日 (山中に泊まります)

YNACの縄文杉ツアーは1泊2日のコースです。
自然を楽しみながら縄文杉を目指すことができます。
夕暮れ時や朝には、誰もいない縄文杉と静かに対面することが可能です。

また縄文杉は高塚尾根の巨木林の入口です。
宿泊する高塚小屋の周辺を散歩すると、本当の巨木林を味わうことができます。

しかも1日目は「白谷雲水峡」をスタートします。
白谷の美しい森を見て、晴れた日は「太鼓岩」に登り、そのあとに縄文杉を目指します。宿泊登山ならではのダイナミックなコースです。荒川登山口からの往復コースもご相談ください。

縄文杉ツアー開催時期:
4月~7月上旬 9月下旬~11月
真夏の開催はいたしません。

ツアーの基本スケジュール

  • 1日目:朝5時ごろ、宿にお迎え
    白谷雲水峡6時頃スタート~苔むす森~晴れた日は太鼓岩~11時頃にトロッコ道合流~トロッコ道終点・大株歩道入口・最後のトイレ休憩(14時頃)~ウィルソン株~大王杉~縄文杉到着16時頃~約150m歩いて高塚小屋(無人の避難小屋)へ。~
    夕飯を済ませ、20時頃には解散・就寝となります。
  • 2日目:朝5時頃朝食~6時頃には小屋を出発~朝の静まり返った縄文杉を見て下山開始。~ウィルソン株10時頃~トロッコ道合流11時頃~15時か16時の荒川登山バスに乗車、下山。
    約35分で屋久杉自然館バス停へ到着。
    そこからご宿泊先へ送迎です。

大事なのは情熱、そして体力。根性だけでは無理です!

1泊2日の山泊ツアーは、本格登山ツアーです。
*体力レベルは正直に言うと「 日帰り縄文杉<宿泊縄文杉 」で宿泊ツアーのほうがハードです。
「えっ? 2日間に分けて歩くのなら楽になるのでは! 」と思う方も多いでしょう。
しかし、スリーピングバックや食料をはじめとした本格的な山の装備を背負う体力に加えて、不便な山小屋の中で雑魚寝できるタフさも必要です。季節によっては夕方や朝の冷え込みも厳しいです。

宿泊登山に必要な体力の目安は、重さ5kg以上の荷物を背負い2日間山道を歩くのですから、ランニングやテニスといった持久スポーツと同等です。
どうしても縄文杉を見たい、という方は必ず登山経験やトレーニングを積んでから挑戦されます。

登山初心者の方、普段まったく運動をしていない方、あるいはトレーニングをしていただけない方は、あいにくですがご案内することができません。
「情熱と体力」が大事とはこういった理由です。

余力を持って、自然を楽しみましょう。
体力がなければ、根性だけではカバーできません。

その代わり、お早めにご相談いただけましたら、装備からトレーニング方法まで、全部お応えいたします。
今までにYNACの縄文杉ツアーに参加された方は皆、熱い情熱の持ち主で、体力トレーニングをされた方々です。
登り切った達成感を味わう時間、人の少ない時間帯に憧れの巨木とゆっくり対峙する時間、静寂な夜の森の雰囲気に浸る時間。その幸せタイムを尊重したい方は、体力をつけて「諦めきれない縄文杉へ」行きましょう。

このように屋久杉を見に行くだけでも、森そのものの「ヤクスギランド」を見に行くか、1本の屋久杉「縄文杉」を見に行くのと、違いがあります。
お電話、メールでのご相談をお待ちしております。

屋久杉を見に行きたいあなたへ!
最適なコース選びの早わかり表

プラン例A 3泊4日 初めての屋久島旅行

1日目
移動日
レンタカーで島内観光
2日目
ヤクスギランド 小花山の森
1日ツアー
3日目
西部照葉樹林 1日ツアー
4日目
リバーカヤック 1日ツアー
夕方飛行機で移動

民宿又はホテル宿泊で、ゆったり過ごすことができます。

プラン例B 4泊5日 縄文杉チャレンジ!

1日目
移動日
レンタカーで島内観光
2日目

縄文杉ツアー初日
白谷雲水峡から縄文杉へ

3日目

縄文杉ツアー2日目
縄文杉から荒川登山口へ

4日目
予備日
5日目
スノーケリング 1日ツアー
夕方飛行機で移動

宿泊登山の場合は予備日があるとより安全です。素泊民宿等でしたら延泊等臨機応変に対応しやすいです。


装備品

持ち物

  • 登山ウェアやスポーツウェア
  • 登山用レインウェア(寒い時は防寒着にもなります)
  • トレッキングシューズ、または山を歩ける靴(雨天時は防水性のあるもの)
  • ザック(25L程度)
  • 水筒
  • 行動食(おやつ)
  • 防水バッグまたは複数のビニール袋。ザックカバーの防水性は完全ではありません。
  • 寒い時期はさらに防寒着や手袋、ニット帽、カイロなど。
  • ストックは任意です。バランス感覚が不安な方は必須です。
  • 健康保険証
  • ゴミを入れる袋
  • 常備薬、サニタリー用品など

☆☆☆宿泊登山はこれもプラス☆☆☆

  • ザック(40L~50L)
  • 寝袋(シュラフ)3シーズン用。寝袋用シーツやカバーもおすすめです。
  • 寝袋用マット(これが無いと寝ることはできません。あまりに薄いものはおすすめしません。)
  • ヘッドランプ
  • 歯ブラシ、ウェットティッシュ洗面道具
  • 着替え(速乾性のもの)
  • 食器(アウトドア用の深皿やコップ。箸・スプーン・フォークなど好きなもの。皿×2・コップ×1・箸×1)
  • ペーパータオル(食べ終わったあとの食器類を拭きます。キッチンペーパーでOK)
  • ティッシュペーパー(山小屋併設トイレに紙がありません)
  • 歯ブラシ、ウェットティッシュ洗面道具(水道やお風呂は無いです)
屋久島を知り尽くす旅ガイドに聞く

↑ PAGE TOP